アウトソーシングの仕組み

これまで社内ですべて処理していた業務の一部を、戦略的に専門企業に 外部委託する事をさします。
従来からの外注や下請けとの違いは、自社に無い専門的技術、ノウハウの活用といった、
戦略的目的を持って行なわれていることろです。

今では大手メーカーにおける設計・開発・生産分野を始め、幅広い分野で活用されています。
企業側にとっての最大のメリットは、社内の経営資源をより高度で重要(コア)な分野に集中でき、
本業回帰出来ることです。

変動の激しいリスク部門を持たず、最新の知識やノウハウを持つ外部機関に先進の技術業務を委託でき、
さらにコストダウンがはかれるという二つのメリットを持った画期的なシステムといえます。

アウトソーシングの仕組み
ページトップへ